ストレスだけじゃない不眠症にも効果のあるギャバ

ストレスだけじゃない不眠症にも効果のあるギャバ

不眠症にもギャバは効果的です。ギャバはサプリメントやチョコレートでよく利用され、ストレスの緩和や頭の働きを良くする作用があるため、忙しい社会人や集中力を高めたい受験生などがギャバのサプリを愛用しています。アミノ酸の一種ですが、タンパク質を生成するアミノ酸とは異なり、正式には「ガンマ−アミノ酪酸」と呼ばれ、体内では脳と脊髄に多く存在しています。
ギャバは脳が休息しているノンレム睡眠中に生成され、中枢神経を抑制する働きがあるため、睡眠をしっかり取らないとギャバ不足になり、さらに眠れなくなるといった悪循環がおきます。不足すると不眠症になるのは、こうしたメカニズムが原因で、不眠症を解消するためにはギャバを補うのが良い方法になります。
通常ならば10mgから50mg程度の量でも良いのですが、不眠症を改善するために必要な1日の量は、100mgから500mgが目安となります。食材ではトマト、ジャガイモ、ぶどうなどに多く含まれていて、1番多く含まれているトマトは30mgです。症状の改善に必要な量を食品から摂ろうとすると毎日大変なことになるので、やはりサプリメントで効率良く補うのが簡単です。1000mgを超える過剰摂取をしない限りは副作用の心配もないので、毎日続けて飲んでいくと不眠症の改善が期待できます。摂取できる量はそれぞれのサプリメントによって変わるので、たくさんのサプリメントを比較して必要としている分量がしっかり摂れるのか、確認してから購入することがおすすめです。