不眠症の救世主、グリシン

不眠症の救世主、グリシン

人間の身体をつくるたんぱく質は20種類のアミノ酸で出来ています。
アミノ酸の中には、身体の中で自ら作れる非必須アミノ酸と、そうでない必須アミノ酸があります。
体内で作れない必須アミノ酸は、食事で補う必要があります。

不眠症でお悩みの方におすすめのグリシンは、非必須アミノ酸であり、小さい分子であるので体内のあらゆる箇所に存在しています。
グリシンは神経伝達物質として不眠症改善に役立っています。

人が眠りに入るときには、身体の体温が下がります。
脳が、血管を広げるよう指示するので、身体全体に血液を巡らせ手足の先までよくめぐり、血流が良くなることで、体内の熱を身体から追い出すからです。
そうなると、頭の温度も下がりやすくなり、自然に深く良い眠りに入る事が出来るのです。
深い眠りが出来ると、朝の目覚めもよく、疲れも回復されやすく免疫力も上がり、日中の活動も元気になります。
不眠症を改善する事は、日中の集中力にも関わり日常生活の向上にも繋がります。
非必須アミノ酸なので、体内で合成できるグリシンですが、えびなど食事で摂取する事も出来ます。
眠る前に摂る事でより効果が上がるので、グリシンのサプリメントを使用する事も、快眠の手助けとなります。

また、皮膚のコラーゲンの構成の3分の1がグリシンで、皮膚の細胞を修復する働きから、保湿作用など美容や関節の健康にも重宝されている事でも有名です。
眠っている間に、健康の為に様々な働きをしてくれるグリシンは、注目したい成分ですね。