不眠症で眠りが浅い原因を改善したい

不眠症で眠りが浅い原因を改善したい

不眠症で眠りが浅い原因はいくつかあげられます。
睡眠前のコーヒーや緑茶などのカフェインは神経を興奮させ、利尿作用があるので控えた方がよいです。
薄暗い電気をつけて寝るのもよくありません。眠くなるはずの睡眠ホルモンが分泌されないからです。
スマホ、パソコン、ゲームなども不眠症の原因になります。交感神経が活発化してしまうので、興奮してしまうからです。
夜更かしもよくありません。生活リズムが崩れ、夜起きている癖がついてしまいます。このような生活習慣を改めることで眠りが浅い状態を改善できることがあります。
また、ほかにも不眠症を改善する方法があります。睡眠リズムに関係するメラトニンというホルモンがあります。これはセロトニンという神経伝達物質から作られていますが、この材料になるのがトリプトファンという物質です。トリプトファンはかつお、まぐろ、さば、豚肉などの食品に含まれているので、積極的に取りたいものです。
また、カルシウムやマグネシウムが不足すると、イライラして不眠の原因になります。こちらは牛乳やヨーグルト、チーズなどに含まれているので、眠りが浅い人は意識してとるとよいです。
また、いろいろ試しても改善しない人にはハーブティーもおすすめです。ハーブティーは穏やかな眠りを誘うので寝る前に飲むと効果があります。ハーブが含まれているサプリメントもあります。
また、不眠を解消するサプリメントもいろいろ発売されているので、確かな品質のものを選び利用すると良いです。