不眠症に効くセロトニンとメラトニン

不眠症に効くセロトニンとメラトニン

セロトニンとメラトニンが不足すると不眠症に陥りやすいと言います。
セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンと並んで、体内で重要な役割を司っている三大神経伝達物質の一つで、幸せホルモンとも言われています。
このセロトニンは精神状態を安定させたり、心のバランスを保つ役割があり、不足してしまうと暴力的になったりうつ病を発症しやすくなります。
そしてセロトニンが不足するとメラトニンも分泌されにくくなります。
メラトニンは睡眠を誘う睡眠ホルモンの一種で体温や血圧を低下させ、身体を睡眠がとりやすい状態にもっていきます。
メラトニンは昼間はほとんど分泌されず、夕方から夜にかけて分泌量が増え、夜の眠りに自然と入るようにコントロールされています。
このメラトニンが不足したり正常に分泌されなかったりすると、不眠症などの睡眠障害を引き起こします。
セロトニンが不足するとうつ病や暴力的になりやすく、さらに連鎖してメラトニンが分泌されにくくなると不眠症を引き起こすという悪循環が出来てしまいます。
セロトニンを増やすためにはトリプトファンが必要になってきます。
トリプトファンを多く含む食材は牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品や豆腐、納豆、醤油、味噌などの大豆製品です。
その他にカツオやマグロなどの魚介類やナッツ類、卵などにも含まれています。
またビタミンB6やマグネシウムからもセロトニンは形成出来るので、緑黄色野菜やワカメ、ヒジキなどを積極的にとることをおススメします。