不眠症の一つになる中途覚醒の原因と対策

不眠症の一つになる中途覚醒の原因と対策

睡眠は、ただ眠るだけでなく質がいい睡眠をとることが大切と言われています。
その質がいい睡眠は、疲れが取れ寝起きが気持ちいいことです。
不眠障害にも、色々と種類がありその不眠症の中に中途覚醒があります。
これは、睡眠中に途中で目が覚めることでその、あと眠ることができない状況です。
不眠症の中で一番多いのが寝ることができない入眠障害ですがこの中途覚醒も意外と患者は増えています。
眠りたいと、気持ちは思うのに頭だけが冴えて寝ることができないのが不眠症です。
中途覚醒、目覚めたあとが寝るとができずに睡眠時間が短くなります。
原因して考えることができるのが、まずアルコールを飲んでいることです。
しかし、アルコールは眠気を誘うというイメージがありますが本来眠気がないのをアルコールの力で麻痺させているからです。
そのために、一晩中もその効果は持続することはありません。
そして、利尿作用もあるため、夜間にどうしてもトイレに行くことが多くなり目が覚める原因になります。
後もう一つが、やはり日中に受けているストレスが原因になっています。
その対策としては、夜間の中途覚醒は、血糖値が下がりすぎる時に起こります。
そのために、夜間の血糖値を安定されるために寝る前にホットミルクなどを飲むと安定ができます。また対策としてできるのが自律神経の内の副交感神経バランスが悪くなってるケースもあります。
そのために、そのバランスを整えるのがセロトニンという成分になります。
セロトニンを、作る物質がタンパク質とされるんで意識して摂取することで対策ができます。