不眠症対策にはランニングなどの有酸素運動やヨガなどが効果があります

不眠症対策にはランニングなどの有酸素運動やヨガなどが効果があります

不眠症対策には、ランニングなどの運動やヨガなどが効果的です。薬を使う場合と異なり、副作用の心配もありません。
運動は、適度に行うことで不眠症を改善する効果があります。また、ストレス解消にもなりますので、精神を安定させる効果もあります。
ランニングやウォーキングなどの有酸素運動は、脂肪燃焼効果もありますのでダイエット効果もあります。
筋肉トレーニングや短距離走などの無酸素運動は、体に高い負荷をかけてストレスになってしまいますので、逆効果になります。
不眠症の症状が色濃く出てしまっている人の場合は、有酸素運動を時々行う程度ではなかなか効果があらわれません。そのため、ランニングなどを毎日30分ずつ継続して行う必要があります。
特に、朝早く起きて朝日を浴びながらランニングを行うと、体内時計も整えられますので一石二鳥です。運動が苦手な人の場合は、早朝のウォーキングを軽くこなすと良いでしょう。
ヨガは、背筋を反らすポーズによって背中の中枢神経を刺激します。そのため、自律神経が活性化して不眠症などの睡眠障害に効果があります。
また、ヨガのポーズを毎日行うことで、体のバランスを整えられますので姿勢も良くなります。
ヨガの呼吸法を正しく行うことで、体調を整える効果もあります。そのため、ヨガは健康な体を作るための治療にも役立ちます。
夜寝る前は、交感神経を刺激してしまうハードな運動は避けて適度な疲労になるヨガを行うことで、スムーズに眠れます。