不眠症対策のための飲み物は?夜のティータイムに不眠症対策

なかなか眠れない、夜中に目が覚めてしまう、このようなことが毎日続くと睡眠不足になり、さまざまな不調が表れます。睡眠不足を解消するには飲み物が役立ちます。

 

なかなか眠れないときは、リラックス作用のある飲み物を飲みましょう。
ハーブティーの中にはリラックス作用があるものがあります。不眠によいとされているのがカモミールティーです。カモミールティーは甘い香りと味でリラックスさせ眠りにつきやすくします。

 

ホットミルクも眠れない夜に役立つ飲み物です。
夜、暗くなるとメラトニンという睡眠を促すホルモンが分泌されます。メラトニンはトリプトファンというタンパク質から作られていて、牛乳にはメラトニンの材料になるトリプトファンが多く含まれています。
冷たいものを飲むと交感神経が刺激されて目が覚めてしまいますが、温かいものは副交感神経を優位にしリラックスをさせる働きがあります。
はちみつを入れると甘味でリラックス作用が高まります。

 

牛乳が苦手な方は、温かい豆乳を飲むとよいでしょう。豆乳はタンパク質が豊富で、トリプトファンが摂取できます。

 

ハーブティーのパッションフラワーも不眠解消に有効です。パッションフラワーは夜中に目が覚めてしまう、早朝に目が覚めてしまう方におすすめのハーブティーです。

 

飲み物をうまく活用して睡眠不足を解消しましょう。

 

 

 

アンケート「眠れない夜どうしてる?」の回答

 

眠れない時は、無理に寝ようとしないことです。暗い部屋で、布団に入ってじっとしていても、時間がただただ過ぎていくだけです。
また、眠らなければと焦る気持ちが、ますます眠れなくしてしまいます。眠れないのであれば、一旦起きてしまうのが良いと思います。しばらく起きていれば、自然と睡魔がやってきます。それから、ゆっくり眠れば良いのです。
私は、寝付きが悪いことが多いので、昼以降はカフェインを避けるようにしています。また、体を冷やすのも良くないため、良質な睡眠のために白湯を飲むことが多いです。
以前、聞いたことがあるのは、お風呂に入る時間を遅してしまうと、体の火照りがおさまらず、なかなか眠れないそうなのです。なので、眠りたい時間の2〜3時間前に済ませておくと良いようです。